毎日ヘアブラシで100回ブラッシングしています

始めるのが遅かったかな?と思いながら、半年前からヘアブラシで100回ブラッシングしています。どうして始めようと思ったかというと、それは前頭部に白髪が増えてしまったからです。増えた理由のひとつに貧血ですが、当時はそれほど真剣に考えていませんでした。でも、ある頃から白髪が一気に増えてきて自然のままではいられなくなっていました。月に1度美容室でヘアマニュキュアで白髪を隠していますが、それだけでは追いつかなくなり血行促進&額のシワ予防のために1日100回しようと心に決めて頑張っています。始める時に思ったのはツゲのヘアブラシを買おうという事です。あんまり高いヘアブラシが買えないと思っていたのですが、ハウスオブローゼに私の予算とピッタリのモノがあったので即購入しました。ちょうどセール期間だったので1,600円くらいだったのですが、とっても使い心地が良くて、ブラッシングをするたびに頭皮に気持ち良さを感じています。美容師さんに聞くと1度出来てしまった白髪は戻らないと言っていますし、私も黒髪が生えてくるとは思っていませんが何となく少しツヤが出てきた気がします。そう思うと何であの時にブラッシングの重要さを気づかなかったんだろうと後悔しますが、これからずっと続ければムダになる事はないと信じています。今、40代後半なので今後の髪のためのブラッシングを続けていきます。

友人の持っていたメイソンピアソン

私は以前、お気に入りのメイソンピアソンをなくした事があります。それは祖母が誕生日プレゼントにと、私に贈ってくれたものだったのです。とても使いやすくて柄に、花柄の入っている素敵なヘアブラシなのです。私は毎日使っていました。
そのメイソンピアソンが、ある日突然なくなったのです。全く覚えがありません。あったはずなのに、なくなっていたのです。
私はそのヘアブラシを見ました。五年経った今、友人が持っていたのです。友人は当たり前のように使っていました。間違いなく私のものなのに、自分のものかのように使っていたのです。ありえません。
私は友人に聞きました。「そのヘアブラシどうしたの?」すると友人は「あなたからもらったものよ」と言ったのです。でも私はあげるはずありません。祖母からの大事なプレゼントなのにあげるはずないのです。
どこでどう間違ったのか私が友人にあげた事になっているのです。私は友人になくしたと思っていた事を伝えました。すると友人は返してくれたのです。どんな行き違いがあったのか、今ではわかりません。でもまた私の元に戻ってきたのです。

良いヘアブラシは長く愛用できる

65489632私は以前、行きつけの美容院で使われていたヘアブラシが気になっていました。
そこで美容師さんに使っているヘアブラシのことを聞いてみました。

使われていたヘアブラシの毛は豚の毛で、使いやすそうだったので、私は美容師さんに頼んで注文してもらうことにしました。
実際に届いたヘアブラシは美容院で使われているものよりも、少し細めのタイプで毛も短いものでした。

しかし、プロが使っているヘアブラシを手に入れることができて、とても嬉しく思いました。
それ以来、20年以上になりますが、いまだにそのヘアブラシを使っています。

非常に使い勝手が良く、素材は木と豚毛だけなので、長持ちしています。
毛が細かく何層にもなっているので、十分に髪の毛をとかすことができます。

そのため、髪の毛がヘアブラシにたまりやすいので、定期的にヘアブラシを掃除しています。

良いものは長持ちします。
私が今まで使っていた市販のヘアブラシに比べると、高価な買い物でしたが、今でも十分に使うことができるので、非常に良い買い物をしたと思っています。

これからもこのヘアブラシを大切に使っていきたいと思います。
安いものを短期間で買い替えるよりも、良いものを長く愛用することの嬉しさや喜びを知ったような気がします。

2つのヘアブラシ

456852私はヘアブラシを二個使っています。ヘアブラシを二個なんて必要なさそうに思うかもしれませんが用途が違うのです。一つは髪の毛のためのヘアブラシで、もう一つは頭皮のためのブラシです。髪の毛のためのヘアブラシは以前通っていた美容師さんにお勧めされたものです。その美容室は私が大学生の時、一人暮らしをしていた近くのお店でとてもお気に入りの美容室でした。こじんまりとしたお店なのですが外観も素敵で、中ももちろんおしゃれでした。アットホームな雰囲気で私はその美容室に通うのがとても好きだったのです。その美容室のオーナーさんが私の担当をしてくれてました。そして、何の話か忘れてしまったのですが、豚毛を使ったヘアブラシをお勧めされたのです。何でも美容師さんは絶対この豚毛のヘアブラシを持っているそうで、この豚毛のヘアブラシというのはツヤを出してくれるみたいです。それから、私はずっとこの豚毛のヘアブラシを使っています。確かに使うと、髪の毛が艶々する気がします。そして、もう一つは頭皮のブラシです。私は最近、抜け毛と髪の毛がサラサラとしないことを気にしていました。そこで色々ネットで情報を集め、口コミで人気だった頭皮をマッサージするブラシを購入しました。半信半疑でしたが、使ってみて驚きました。軽くマッサージしただけで頭皮がスッキリとし、髪の毛が驚くほどサラサラになったのです。この頭皮のブラシを使うと、血行がよくなっていくのも分かるので抜け毛にも効果的なのではないかなと期待しています。二つのヘアブラシ、どちらも大切にこれからも使い続けていきたいです。

髪を梳く

子供のころ髪が長かった私は、毎朝母に結んでもらうことが日課でした。
そのうち、自分でも結ぶことができるようになりましたが、就職してからはばっさりと髪を切り、ヘアワックスで整えるだけになることが多く、一人暮らしの部屋にはヘアブラシが存在していませんでした。
そんな中、母が買ってくれたMARKS&WEBのウッドヘアブラシ(バンブー)。
母との買い物中にたまたま立ち寄った際、「そういえばあなたの部屋、ヘアブラシなかったんじゃない?」とプレゼントしてくれました。
「ヘアブラシなんて今は使わないのにな」と思いながら受け取ったのですが、せっかくプレゼントされたもの、使ってみようと髪をといたところ、すっきりと整っていく様にびっくりしました。
髪は短くしてしまったし、どうせワックスでくしゃっとした髪型にしてしまうし・・・と「髪をとく」ことを怠っていましたが、一度ヘアブラシできちんと整えてから髪型を作ると、いつもよりとてもきれいにまとまることがわかりました。
また、このヘアブラシはしっかりとしたピンが使用されているため、頭皮の刺激も気持ちよく、疲れた日の頭皮マッサージとしてもよく使用しています。
ヘアブラシを使うことがこんなにもきちんとした髪と気持ちを作ってくれるとは思ってもみませんでした。
毎日をちょっと良い気分にさせてくれる。
母に感謝です。

愛用のヘアブラシについて

ヘアブラシにはこだわっており、ここ数年愛用しているヘアブラシがあります。
AVEDAというブランドのパドルブラシで、木製のタイプを使用しています。
AVEDAのブラシとの出会いは、何気なく見ていた雑誌でモデルの方が絶賛していたことがきっかけでした。一目見て、これだ!と感じ店舗で買い求めました。AVEDAは店舗数があまり多くないので、自宅付近では見つからず、出先で見つけたときにはかなりテンションが上がりました。
78962512AVEDAのブラシを愛用している芸能人は多いのですが、一度使ってなぜ人気があるのかがわかりました。
頭皮をブラッシングすると、かなり血行が良くなるのがわかります。ブラシにしてはちょっと高いのですが、その値段を出すだけあって、朝と夜の一日二回のブラッシングが本当に楽しみなくらい、ブラッシングが気持ち良いのです。
頭皮の血行が良くなるので、髪もつやつやです。私だけでなく、家族も皆愛用しています。
しょっちゅう家族でブラッシングしていると、ブラシが汚れるのが早いのだけが悩みです。
抜けた髪にほこりがつくと、髪が汚れるので、こまめに掃除しています。
重曹水に浸しておくと、脂汚れが落ちやすくて、おすすめです。

大好きな彼の使ったヘアブラシ

私は使わないで持っているだけの、ヘアブラシがあります。なぜかというと、大好きな彼の使ったヘアブラシだからです。
五年前のまだ私が大学生だった時の事です。好きな人がいましたが、告白する勇気はありませんでした。その彼にブラシを貸してほしいと言われたのです。とてもひどい寝癖が、気になっていたみたいです。だから私はバッグに入れていたヘアブラシを彼に貸しました。サラサラの髪の毛を彼は、私のヘアブラシでとかしていたのです。
とても嬉しかったです。あまり親しくない彼に、ヘアブラシを貸してほしいと言われた事。彼の使ったこのヘアブラシをずっと大事にしようと思ったのです。だからそれ以来、私は使ってはいません。ずっと大事にしまっているのです。
そしてたまに出しては眺めています。あの時のあの彼は、今頃どうしているのだろうと懐かしんでいるのです。あの時勇気を持って告白をしていたら、こんな事はしていなかったでしょう。告白が成功していても、失敗していてもヘアブラシをずっと持っている事もなかったと思います。
だからとても後悔しています。あの時私が告白をしなかったから、今でもこんな未練たらたらなのです。きっとこれからずっとこのヘアブラシは私の宝物になるでしょう。

ヘアブラシは材質が決め手ですね

ヘアブラシは様様な物が出ており大きさから材質までいろいろなものがあります。
でもどうせ使うならばやはり頭皮に優しくしかも髪の毛に優しいものでないとなりません、これは髪の毛をほぐしてくれてしかも絡まり合うことのないようにしてくれます。
またヘアブラシの先端が頭皮を刺激して血流を良くしてくれますので材質も木にしたいものです、硬いものだと痛めてしまい傷を作ってしまったりしてしまいます。
このような事のないように弾力のあるクシは血行を良くしてくれますので頭皮の刺激は必要です、髪の毛が抜けにくくなればよいですしつやのある髪の毛になることもできるからですね。
またヘアブラシには髪の毛の大敵の静電気を除去するものもありますので髪の毛がバサバサになるような人はこのようなブラシで静電気を取るのも良いです。
このようにヘアブラシは多くの種類がありまた材質もいろいろありますので自分の好みに合わせたものを使うとよいです。
値段もやはり高いものは材質も高級なものを使っているのですがやはり値段相当の良い物が多いです、動物の毛を使っているものなども違いますので余裕があるならばこのようなものをヘアブラシを購入すると良いでしょう。
後は毛の硬さにこだわると良いと思いますね。

ヘアブラシを使わない彼氏

514635413三年付き合っている彼氏がいます。おしゃれには無頓着なのですが、せめてもっと清潔を心がけてほしいと思っています。なんと彼氏はヘアブラシを使わないのです。使っているところを見た事がありません。
私は朝起きて、ヘアブラシを使ってずっと髪をといでいます。それなのに彼氏はそんなものなくてもいいと言っているのです。てぐしでササッと整えているのです。
かなりのくせ毛なので使っても、ほとんど意味がないからと言っていますがそう言う事ではありません。身だしなみなのです。当たり前の事なのです。だからちゃんとヘアブラシくらいは使ってほしいのです。それなのに彼氏は全然聞いてもくれません。
だから私は彼氏のために買ってあげました。こそっと買って、彼氏の家の洗面台にこそっと置いておいたのです。私が使っているヘアブラシと、全く同じものにしました。とても使いやすいからです。
でも彼氏の反応はありません。それから一週間経ちました。何となく彼氏の髪がさらさらになっています。以前のような不潔さはありません。清潔感が出てきているのです。
口に出しては言わないですが、ちゃんと使っているみたいです。あったらあったで、ちゃんと使ってくれているのです。

お気に入りのヘアブラシ

幼いころから『ヘアブラシは豚毛!』と両親から教え込まれていた私。
豚毛だと、髪の毛がツヤツヤになると言われていました。
薄毛の父親に至っては、なぜか毎日豚毛のブラシで頭皮を叩いていました。
その努力のかいもなく、今ではツルツル頭の父。
ブラシで叩きすぎて、毛根が死んじゃったのかな。。

話は逸れましたが、私は今も豚毛のヘアブラシを愛用しています。
たまに、豚毛だと毛が密に生えすぎていて、地肌にブラシが届かず、マッサージ効果が得られないのかなぁと思い、プラスチックのブラシを使ってみますが、やはりしっくりこなくて、結局引き出しの奥にしまってしまいます。

6845312そんな私がいつか欲しいと思っているブラシがあります。
英国制でブラシ界のロールスロイスと言われている『メイソンピアソン』のブラシです。
以前、仕事でメイソンピアソンを売っていたことがあり、その使い心地たるや素晴らしかったです。
ちなみに、メイソンピアソンのブラシは猪の毛だそうです。
現在子育て中につき、子供がブラシをむしって遊んだりするので、購入するのは子供たちがいたずらをしなくなってからかな~。
いつか白髪になった時に、素敵なロマンスグレーを保つために、ぜひともメイソンピアソンを愛用したいと思います。

更にお気に入りのヘアブラシを紹介

ヘアブラシは100円均一でもいろいろ販売されていますが、髪は女の命といいますからヘアブラシくらいは拘って選びたいですよね。拘ってといったところでヘアブラシなら1000円くらいでいいモノを購入することが出きるのでシャンプーに拘るよりもコストが掛からないのもポイントが高いです。シャンプーはピンキリで本当に高いモノはビックリするくらい高いですからね。

私がイチオシのヘアブラシは「頭皮にやさしいブラッシングブラシ(L) KQ0164」非常に分かりやすいネーミングとソフトな豚毛天然毛100%を使用した毛根、地肌にとっても優しいヘアブラシです。 このヘアブラシは丸みを帯びている分頭皮へのダメージは少なく、さらに髪の毛をブラッシングするだけで髪に艶を与えてくれます。

その上シリコン加工だから髪通りがよく抗菌処理がされているから雑菌の繁殖を抑える効果があり衛生的だから夏には最適ということができます。それに一度このヘアブラシに慣れてしまうとプラスチックのヘアブラシはちょっと使いたくなくなります。それくらい使い心地がよくてお気に入りです。ただひとつ疑問なのは豚毛とありますが、豚ってツルツルなイメージがあり毛なんかあったかなと思ってしまいます。

スカルプブラシ

4564653加齢によって髪や頭皮にも色々なトラブルが出てきますし、お手入れにも若い頃よりも手間がかかるのは、仕方のない事かと思います。エス・ハート・エスのスカルプブラシはシルバー世代向けの雑誌で見つけたものです。普通のヘアブラシでしたらスタイリングが主な用途かと思いますが、このブラシの特徴は、シャンプー時に特に威力を発揮するという点にあります。通常は、シャンプー前の汚れ落としや血行促進のためにブラッシングしますが、ふつうのブラシですと濡れた髪に使うのは、キューティクルのためにはNGという事ですよね。でもこのブラシですと、シャンプーをつけた後のブラッシングにより、頭皮マッサージが出来るのです。実際に使ってみると、地肌への適度な刺激がとても心地いいです。特別なテクニックが必要ないのに、美容師さんにシャンプーして貰っているのに近い感覚が味わえます。シャンプーは勿論、トリートメントやすすぎの時も地肌全体をまんべんなく刺激するように使うと、洗い上がりの手櫛を通した感触までなめらかです。乾いた髪に使うとボリュームもアップとのことですが、このヘアブラシの特徴は何といってもシャンプー時の使い方にあります。髪もお肌の一部と考えれば、すこしでも老化を遅らせるべく、毎日使っていきたいと思います。

3種のヘアブラシを使い分けています

186532私はヘアブラシを3つ持っており状態によって使いわけています。一つ目は洗髪後専用のブラシです。目がとても粗くキューティクルを傷つけないようにできており、またヘアオイルを塗ったときに全体に行き渡らせるようにです。これはお値段が結構するブラシを購入しました。ブローも出来るので髪の毛をサラサラにできますので大変重宝しています。二つ目は出かける前など全く髪の毛が汚れてない時にセットをするようのブラシです。これは柄が尖がっているコームを使用しておりヘアセットにすごく役立ちます。逆毛も立てれますし分け目をジグザグにすることも可能です。なぜ洗髪後のブラシと分けるのかというと寝ている間の皮脂がブラシに絡みつくんじゃないかと気になってしまうからなのです。洗髪後用ブラシは綺麗な状態がいいのです。少し潔癖症で自分でも嫌になります。最後に3つ目のブラシなのですが、これは外に出た後用のヘアブラシです。例えば外出先で使用したり、ヘアワックスを付けた後の髪の毛に使用します。完全に汚い髪の毛用になりますね。あとは帰宅後に髪の毛を洗う前にこのブラシでといてからシャンプーをします。これで髪の毛のよごれは70パーセント落ちていると聞いたことがあるのでそれからずっと実行しております。3種類も使い分けてるので、めんどくさそうとよく言われるのですが、これからも続けていくつもりです。

犬がかじってしまったヘアブラシ

私はもともとはデンマンブラシを長年使っていましたが、痛んだので、イオンヘアエステブラシに買い換えました。このイオンヘアエステブラシを使うようになってから、かなりの年数が経ちますが、髪を洗った後にブロードライするときには、必ずこのブラシを使っています。
イオンは本当に出ているのかどうかはわかりませんが、使いやすいです。イオンヘアエステブラシは今は2本目ですが、頭皮のブラッシングには木製のクッションブラシを使っていました。しかし、あまり長く使っていたので、ゴム部分が劣化してしまい、最近捨ててしまいました。
そのクッションブラシの代わりにと思って買ったのが、ドイツ製のエアーラスティックというピンブラシです。これも一種のクッションブラシなのですが、鉄製のピンが付いていて、すごく頑丈な作りになっています。クッション性も割と硬くて、頭皮のマッサージには最適な感じがします。しばらくはこのピンブラシとイオンヘアエステブラシをメインに使うことになります。
前髪はイノシシの毛を使って作ってある、太めのロールブラシを使っています。髪の毛をストレートに伸ばすときにもイノシシの毛のロールブラシで引っ張って伸ばすようにしています。

プレゼントしたヘアブラシの結末

これは私が妹の誕生日にプレゼントしたツゲのくしにまつわる体験談です。
妹の髪の毛は本当に細くツルツルで水分量がぎっしり詰まっていますというようなサラサラの髪の毛なのです。それがゆえに本当に良く絡まるので本人はあまり好きじゃないみたいなのですが、癖毛の私としては羨ましいばかりです。話がそれてしまいましたが、そのプレゼントを大変喜んでくれて毎日使用してくれるようになり、ますますサラサラになったわぁと私に報告してくれました。実際見てみるとさらにツヤっとしておりそんなに効果があるなら私も使っていいかな?と聞いてみると、良いけど大切に使ってなと釘を刺されてしまいしぶしぶ了承してくれた感じだったのですが、気にせず洗面所に向かいこれかな~と引き出しをあさっていると、ぎょっとするようなブラシが出てきたのです。それは何かというと髪の毛が絡みに絡まったツゲのくしだったのです。元の見た目は木目調のベージュだったはずのあの櫛が真っ黒だったのです。え?大切に使ってって私に言わなかったっけ?と思わず妹に問いただしてしまいました。そこで言われた言葉があぁ気にしないで、そのうち掃除するからだったのです。あれから私はしばらくその櫛を見かけていません。きっと嫌になって放置しているのでしょう。これが私のヘアブラシでぞっとした体験でした。