プレゼントしたヘアブラシの結末

これは私が妹の誕生日にプレゼントしたツゲのくしにまつわる体験談です。
妹の髪の毛は本当に細くツルツルで水分量がぎっしり詰まっていますというようなサラサラの髪の毛なのです。それがゆえに本当に良く絡まるので本人はあまり好きじゃないみたいなのですが、癖毛の私としては羨ましいばかりです。話がそれてしまいましたが、そのプレゼントを大変喜んでくれて毎日使用してくれるようになり、ますますサラサラになったわぁと私に報告してくれました。実際見てみるとさらにツヤっとしておりそんなに効果があるなら私も使っていいかな?と聞いてみると、良いけど大切に使ってなと釘を刺されてしまいしぶしぶ了承してくれた感じだったのですが、気にせず洗面所に向かいこれかな~と引き出しをあさっていると、ぎょっとするようなブラシが出てきたのです。それは何かというと髪の毛が絡みに絡まったツゲのくしだったのです。元の見た目は木目調のベージュだったはずのあの櫛が真っ黒だったのです。え?大切に使ってって私に言わなかったっけ?と思わず妹に問いただしてしまいました。そこで言われた言葉があぁ気にしないで、そのうち掃除するからだったのです。あれから私はしばらくその櫛を見かけていません。きっと嫌になって放置しているのでしょう。これが私のヘアブラシでぞっとした体験でした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です